発表当日までの流れ

1. 発表について

2. 発表当日までの流れ

発表のご応募から発表当日までの流れは以下の通りです。ご講演・ワークショップ等におきましても同様です。ご不明な点がございましたら、お問い合わせフォームより事務局までご連絡ください。

2.1 発表申込

2.2 発表当日まで

2.2.1 Zoom開催の場合

発表日の5週間前までに、以下の7点をメールで事務局(office@jsl-kanji.com)までお知らせください。

  1. 名前+ふりがな(通称等可)
  2. 所属
  3. タイトル(仮タイトル可)
  4. 要旨(50~300字程度)
  5. (画面共有で)共有する資料の有無
  6. 配付(送付)資料の有無
  7.  ※参加者に送付する際には,パスワードを付けさせていただきます。
  8. (質疑応答を含めた)発表に必要な時間
  9.  ※これまでの研究会では,30-40分程度の発表が多いです。

項目1~4(名前、所属、タイトル、要旨)は研究会のML等に案内を流します。要旨などが期日までに間に合わない場合は必ずご連絡ください。

発表日の5日前までに、配付資料・PPTをメールに添付して事務局(office@jsl-kanji.com)までお送りください。配付資料の形式や枚数等に制限はありません。受け取った電子データはすべて研究会の記録として事務局にて保管させていただきます。

2.2.2 会場開催の場合

発表日の5週間前までに、以下の7点をメールで事務局(office@jsl-kanji.com)までお知らせください。

  1. 名前+ふりがな(通称等可)
  2. 所属
  3. タイトル(仮タイトル可)
  4. 要旨(50~300字程度)
  5. 使用機材の有無
  6. 配付資料の有無
  7. 発表に必要な時間

項目1~4(名前、所属、タイトル、要旨)は研究会のML等に案内を流します。要旨などが期日までに間に合わない場合は必ずご連絡ください。

発表日の5日前までに、配付資料・PPTをメールに添付して事務局(office@jsl-kanji.com)までお送りください。配付資料の形式や枚数等に制限はありません。受け取った電子データはすべて研究会の記録として事務局にて保管させていただきます。

2.3 発表当日

3. 発表時の資料について

4. 資料送信時のお願い

5. 発表後に関するお願い

JSL漢字学習研究会では、年に1回研究会誌を発行しております。研究会誌の第一の目的は、活動記録を残すことです。発表者のみなさまには、発表した内容について、論文あるいは調査・実践報告の形で提出していただき、それを会誌に掲載いたします。原稿執筆の際は、研究会誌用のフォーマットをご使用ください。 研究会誌への掲載を望まない場合も、活動記録として 【a.名前 b.所属 c.タイトル d.要旨】を掲載させていただきます。

研究会誌用原稿の提出期限は発表の1ヵ月後です。

6. その他

情報更新日:2021年05月17日